一般歯科・小児歯科

一般歯科

虫歯とは

虫歯は、口腔内にいる細菌が、皆さんが食べたり飲んだりする糖分をエサにしてつくりだした酸によって、歯が溶けた状態のことをいいます。虫歯菌はほとんどの人の口腔内にいるような細菌ですが、口の中で増やさないようにすること、酸をつくりにくいような生活習慣をすることで、十分に予防できる病気です。

進行すると痛みが発生するだけでなく、歯の内部の神経にまで影響が及ぶと、耐えがたい痛みを起こし、全身にまで細菌が回ってしまうこともあります。又、歯の神経を取る抜髄という治療に進まざるをえなくなります。

虫歯の原因

ミュータンス菌というものは、食べ物、飲み物に含まれる糖分を糧に増殖していきます。

その際に、菌は周囲に粘ついたグルカンという物質を出します。これが歯に強力に付着してしまい、そこには細菌の集合体が発生してしまいます。このグルカンが増え、歯の表面に付着したのがプラーク(歯垢)といわれるものです。これは、歯周病の原因にもなります。 また、ミュータンス菌は同時に乳酸もつくります。乳酸に触れてしまうとプラークは酸性となり、すると歯の表面を覆うエナメル質は酸によって浸食され、溶けていってしまうのです。

この歯が溶ける状態がずっと続くと、ついに歯に穴があき、いわゆる「虫歯」になってしまいます。放っておくと、歯の神経にまで細菌が侵入します。こうなると激しい痛みが出たり、顔全体が大きく腫れあがったりもします。発熱し、全身にも悪い影響が出ることもあります。

虫歯の治療

歯に穴があいてしまう前に虫歯の進行を食い止めるのが、最良の治療法です。初期の虫歯であれば、再石灰化に有効な薬剤(フッ素)の塗布と、毎日の歯のケアで改善が見込めます。

穴が開いた虫歯は、すでにエナメル質の内部にまで細菌が侵入しています。細菌の入っている病巣部を除去し、その部分に金属やセラミックスなどの人工材料を詰めたり被せたりして、歯の形を修復するのが一般的です。

まれに歯を削りすぎる治療を施す医院もありますが、当院では、できるだけ削らずに、また削るにしても、今後の長い生涯にできるだけ影響のない最小限の掘削を心がけています。

小児歯科

小児歯科とは

当院では、少しでもお子さまに安心して治療を受けていただくため、優しく、繰り返しトレーニングを行います。

しかし、症状によっては、治療を優先しなければならないケースもある事をご理解ください。お子さまの歯やお口のことで、少しでも気になることがありましたら遠慮なくご相談ください。

小児歯科治療

 ご希望がございましたら、歯科治療を終えたお子さまに虫歯予防となるフッ素を塗布(有料)しております。その後も成長によって変わっていく口腔内の状況に合わせ、定期健診とフッ素塗布をおすすめしております。

予防歯科【PMTC】

虫歯・歯周病の原因

今日、私たちが食べる食べ物には砂糖が含まれていることが多いです。そして、食事により口の中に入った砂糖は、むし歯の原因となるむし歯菌と接触することによりねばねばした粘着力を持ちます。そうすると、そこに様々な菌が集まり、そのまま放っておくと歯ブラシでは取れない膜ができます。そして、その膜の中のむし歯菌が歯を溶かす酸を出し、その酸により、むし歯ができてしまいます。また、歯周病の原因となる可能性のある細菌も、この膜に集まってきます。したがって、むし歯や歯周病の原因は、この膜にあるといえます。

予防歯科の目的

前述したように、砂糖と接触したむし歯菌は、歯周病菌等を集め、歯ブラシでは取れない膜をつくり、むし歯や歯周病を引き起こします。そのため、この膜を事前にとることができれば、むし歯や歯周病を防ぐことができます。つまり、日本橋りゅうデンタルクリニックにおける予防歯科の主な目的は、この膜をとることにあるといえます。

予防歯科で行われる治療

日本橋りゅうデンタルクリニックの予防歯科で行われる主な治療は、PMTCまたはクリーニングというものです。これは、歯科衛生士等によって行われる専門的で器械的な歯の清掃のことです。その特徴は、歯ブラシや洗口剤では取れない菌の膜をとることができ、歯周病やむし歯を事前に予防できる点にあります。また、歯科医院でこの治療をうけると、歯がつるつるになり、気分もそう快です。

ご予約お問い合わせはお気軽に

当院では、あらゆる歯の痛みや悩みに対応しております。
まずは相談だけでも構いません。ぜひ一度お問い合わせください。

TEL:0120-418-601
tel_btn.jpg
日本橋インプラントオフィス 歯列矯正.ねっと
tel_btn_sp.jpg