Q&A

インプラント編

Q: インプラント治療は誰でもできますか?
A: ほとんどの方は可能です。但し、顎の骨の量が極端に少ない場合や、メインテナンスのために通院できない方、その他、年齢等の問題で治療が行えない場合があります。


Q: インプラントの利点・欠点は何ですか?
A: 次のような利点と欠点があります

利点

  • 自分の歯のように、食べ物が噛める。
  • 違和感がほとんど無い。
  • 見た目が良くなる。
  • 両隣りの歯を削る必要が無い。
  • 入れ歯の固定源となり、入れ歯のガタつきを抑える。

欠点

  • 保険治療ではないので、費用が掛かる。(1本約30万円)
  • 保険治療に比べて、治療期間が長くなることがある。
  • 外科的な手術を行う必要がある。
  • 極端に顎の骨が少ない場合や、その他医学的な理由から、治療ができないことがある。


Q: 手術に入院する必要は?また、治療期間はどのくらいですか?
A: ほとんどの場合必要ありません。また、治療期間は各個人のお口の状態によって異なりますが、4~12ヶ月程度かかります。


Q: インプラントをあごの骨に入れた後、体に影響はありますか?
A: 通常、人体に問題はありません。しかし、メインテナンスやお掃除を怠った場合、炎症が起こり、撤去する可能性も考えられます。
また、きわめて稀ですが、個人の体質とインプラントとの相性が合わず、撤去する場合もあります。


Q: インプラントはどれくらいもちますか?
A: メンテナンスのための通院や、ご家庭でのお掃除を怠らなければ、長期的にもちます。
ただし、噛み合わせの関係で、数年~数十年に一度、インプラントの上に付いている装置を調整したり、交換したりすることがあります。

矯正歯科編

Q: 誰でもリンガルシステムで治療できるのですか?
A: ほとんどの方はリンガル・システムで治療できます。治療できない場合はごくまれです。
あなたの治療にどのようなシステムが最適か、まずはご相談下さい。


Q: リンガル・システムの治療費は高いですか?
A: 外側につける装置よりも割高になります。
リンガル・システムでの治療には、特別な装置と技術が必要だからです。


Q: リンガル・システムで治療すると、外側につける装置より治療期間が長くかかりますか?
A: 治療期間は外側につける装置と同じです。症状によっては、リンガル・システムのほうが早く治ることもあります。


Q: リンガル・システムは、外側につける装置よりも違和感が大きいですか?
A: 最初の違和感は、外側につける装置と同じです。違いは、リンガル・システムは舌に当たり、外側につける装置は、頬と唇に当たるということです。普通は1週間から2週間で慣れて気にならなくなります。


Q: リンガル・システムだと話しにくくなりますか?
A: 他の矯正装置と同様に、最初は話しにくくなります。話しにくくなる程度は、患者さんの歯並びの状態や舌の位置によって違いますが、ほとんどの患者さんにとって一時的なものです。

日本橋りゅう
デンタルクリニック

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-8-9
日本橋ホリビル4階

診療時間
- 平日AM10:00~13:00
- 平日PM14:30~20:00
- 土曜AM10:00~13:00
- 土曜PM14:00~17:00

休診日
- 日曜、祝日